●預かりクラス


穏やかに流れる「こども時間」

 子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激に満ちあふれています。

 残念なことに、私たちの多くは大人になる前に澄み切った洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直観力をにぶらせ、あるときは全く失ってしまいます。(レイチェル・カーソン センスオブワンダーの一節より)

 

 私たちは、センスオブワンダー=「神秘さや不思議さに目を見はる感性」を失わず、宇宙や地球の大自然とのつながりを感じながら、豊かに生きていける大人になってほしいと願っています。

 

 ころあい自然楽校には、穏やかに流れる「こどもの時間」があります。おそらくそれは人間の生涯の中で、最も豊かな時間です。こども時代を「自分の意思の元に、心と身体を開放して思う存分あそぶ」これほど重要なことは、幼児期にはないと考えています。

 
 「自由にあそぶことを大切にする保育」=「放任の保育」と勘違いされる方がいらっしゃいますが、それは違います。
「自由にあそぶ」には、他者(友だちやスタッフ)とのコミュニケーションが不可欠であり、自分の想いを伝える言葉も必要、優しい気持ちも必要、総合的な力が求められます。

 ころあい自然楽校では、ひとりひとりの想いを尊重しながら保育するために、集まりの時間を毎日もってこどもたちとの話し合いを重ねています。安心して自分を受け入れてもらえる場で、他者の意見を聞き、自分の意見も臆することなく発表する。日々の積み重ねが、コミュニケーション能力を発達させる機会になると信じています。

 

 ≪保育方針≫

・子どものありのままの感覚をのびのびと表現できるように主体性を尊重する

・日本の四季折々の自然を感じ、楽しむ



保育に使うもの

 子どもたちが使う道具は、出来る限り自然に近いものを選んでいます。例えばクレヨンは蜜ろうでつくられており、口に入っても安全で、美しい色彩が魅力的な画材です。
 他にも、お山の積み木(切りっぱなしの積み木に亜麻仁油を塗ったもの)やトランスパレント(様々な色の半透明の紙)など、自然に近い素材に触れることで、子どもたちの感性が高まるようなものを使います。


年間行事

 

はじまりの会
親子遠足
あそび大会(親子で運動する会)
またね会(修了式)


募集要項

募集年齢 1歳児~5歳児(2歳の誕生日を迎えた翌月から可)
預かり日数 週2・4回、応相談
時間 9:00~14:00
保育料 週4回…33000円

入園までの流れ

 
①説明会参加

②見学(希望者のみ)

③申込み

④入園決定(希望者が多い場合は、面接の上決定)

⑤入園前オリエンテーション

※入園優先順位は①親子クラスのこども③一般募集になります。
 ①までで定員がいっぱいになった場合の一般募集はありません。
(2019年度は4名キャンセル待ちの状態です。)
   


その他


※保護者の保育当番などはありません。保育は、免許をもった保育士のみで行います。

※近年預かりクラス希望の方が増えております。

預かりクラスをご希望の方は、初年度親子クラスに入園頂き、翌年預かりクラスに移行して頂く入り方がスムーズです。(ただし、預かり人数に限りがあるため、親子クラスに入られた方全員が預かりクラスに入って頂けるわけではないこと、ご承知おきください。)