●代表プロフィール


大江  佑里子
YURIKO  OHE

   

資 格

●保育士資格

●幼稚園教諭一種免許・二種免許

●児童厚生員資格(学童保育職員)



●略歴

   

頌栄短期大学専攻科卒。学士(教育学)を取得。

保育園、大型児童館勤務の後「shop of toys and games ころあい」設立。


●自己紹介

学生時代「こどもにとって、本当に良い教育とは?」を勉強し、希望をもって認可保育園に就職。

年間行事が少なく、こどもが自由にあそぶことを大切にするとても良い園だったが、そこに通っている子たちは、帰宅後ビデオやテレビゲームを毎日している子が多いと聞きショックを受ける。

 

幼少・学童期からテレビゲームをすることは脳の発達を阻害すると学んだことが頭から離れず、一般の母親たちに知らせる必要があると確信する。

 

ヨーロッパでは、社会性を育むために「ボードゲームやカードゲームをする」ことを知り、趣味で集めていたドイツゲーム販売の店を小さく始める。(2012年)

 

ヨーロッパの木製玩具、ドイツゲーム紹介の傍ら、自然に特化した子育て支援の在り方を模索。

 

ころあいで行ったイベントでの戸外託児が好評であったこと、行事に追われないこどもの目が輝く保育がしたいとの想いから「ころあい自然楽校 預かりクラス設立。(2014年) 

 

翌年、親子クラス設立。

親子クラスでは、「自然育児」に特化した内容で1年間学んでもらう。

 

2016年 NPO法人化

 

卒園児たちが、小学校にあがると途端に目の輝きが失われることが悲しく、こどもの目が輝く教育機関が無いならつくろう!と2019年小学部設立。

 

 

 

プライべp-とでは、高校の同級生の夫、こども3人の5人家族。

 小さい頃から、アレルギー(アトピー?)がひどく大人になってからも悩み続ける。体質や遺伝など関係なく、絶対治るはず!と信じ、生活のひとつひとつを見直し続ける。夏場も半袖の服が着れないし、化粧ものらないほどガサガサだったアレルギー肌が、自然治癒力を高めることで完治。

その経験は、とても辛いものだったが、他の人にはできない経験とおもい「真の意味で自然に育てることとは?」「その常識は本当か?」を問い、親子クラス等で伝えている。

 

好きなことは、本を読むこととサーフィン。

夫婦で祈っていた、縁側のある日本家屋に住めることになり、自然と共に…を大切にした生活を送っている。